Profile

0556style HistoryStory


0556style創設者、心映は、日本でまだ歴史の浅いビルドインファニチャー(収納家具)、その専門デザイナーとして、日本での第一人者的存在。20歳の年、中央工学校卒業後、店舗デザイン事務所でインテリアデザイナー経験を経て、「店舗設計だけじゃ物足りない」と、工務店へ転職。現場管理兼インテリアプランニング・コーディネートや不動産会社向けデザイン企画の実務を経て、店舗でも住宅でも、依頼や相談が1番多かった収納の問題を解決するコトを専門に仕事をする為、1999年、インテリアデザイン・収納家具デザインの個人事務所「atelier0556style」を立ち上げ、独立。その後、収納家具デザイナーとして、主にタワーマンションや新築戸建て物件のビルドイン家具制作施工を中心に活躍。独自の収納家具製作会社を作る為、リサーチマーケティングを経て、2009年5月、自分の抱えていた、ビルドイン(造付)家具・店舗什器製作施工の問題解決の為、起業。経験を活かし、同職の設計士やインテリアデザイナー等ビジネスパートナーに向けたビルドイン(造付)家具・什器製作施工会社「0556style」をプロデュース、設立起業。2013年から現在の0556styleの代表、反甫と、ビルドイン家具・店舗什器製作施工の会社、オーダー造付家具の工務店「0556style」として、共同経営を始める。中央工学校からの同級生で付き合いも長いこともあり、互いに信頼出来るパートナーとして、反甫は代表に就任。心映は代表執行役兼収納家具デザインプロデューサーに就任。就任後も、フリーのインテリアデザイナーとして、広く造付家具を広める活動を始め、インテリアデザインの方面でプロダクトとしての収納を取り入れ、ユーザーと共創しながら暮らしを豊かにする「暮らし家具デザイナー」としても活動をしている。一般エンドユーザーに向けてデザイナー活動ワークショップセミナーも続けている。



■ 心映 profile

心映(CHIE): 「癒し系の暮らし家具屋です。」がキャッチフレーズ。

人生はhappy探し。「カジュアルな贅沢」がすべての基本コンセプト。


日本で収納家具デザイナー(ビルドイン家具デザイナー)としての第一人者的存在。芸術家の父と教師の母の下、和歌山市で生まれる。大阪泉大津市へ転居。0歳から20歳まで過ごす。元祖DIY女子。自社ビルも左官から壁設置仕上げまで、内装を1人でDIYで仕上げた。その理由も、「自分でやってみなければ、建築や内装の何が良くて何が悪いか、どうしてプロが必要なのか、お客さまに相談された時や、ワークショップセミナーなどで、答えられないから。」と、言うもの。収納家具デザイナーとして活動を始めた理由も、工務店で設計現場管理をしていた頃、お客様に、いつも収納家具や押入・納戸の使いにくさを相談され、何とかしなくちゃと立ち上がったのが切掛けで、収納家具専門のインテリアデザイナーとして活動を始め、現在はビルドイン家具・店舗什器製作施工の会社、オーダー造付家具の工務店「0556style」を創設。広く、お客さまの為に活躍。

弊社(0556style)収納家具DesignProducer。←2016年より暮らし家具デザインプロデューサーに変更して活動しています。


*現在の「収納」というと、お片付け(整理収納アドバイザー)や思考の整理(ライフオーガナイザー)の仕事が主流の為、心映が活躍してきた収納家具デザインの分野は全く別の仕事なので、2016年より「収納」とは使わず、収納家具デザイナー改め、暮らし家具デザイナー(新しい本来の収納)と肩書きを代えて、活動中。


暮らし家具デザイナーとは、暮らしを楽しくする為の家具をインテリアデザインから捉え、空間に合った家具をプロダクトデザインとして生み出し、ユーザーの問題解決と暮らしの楽しさを引き出す(新しい本来の収納)家具デザイナーのことです。


心映 経歴:

1999年、足懸かりとなるインテリアデザイン事務所Lab-atelier 0556STYLEを創設。収納家具デザイナーとして活動。

2009年、0556styleをプロデュースし、起業。

現在、0556styleの代表執行役に就任。就任後も、フリーデザイナーとして、独自のやり方でインテリアを活性化すべく、次世代へ繋ぐ活動の一貫として地道な暮らし家具デザイン(新しい本来の収納)活動や、エンドユーザー向けに年間120件(月10件限定)のオーダーを請け、エンドユーザーと共創してオーダーする事の楽しさ、つまり、ひとつひとつ時間を掛ける意味を知って貰い、「丁寧に未来の暮らしをつくる(デザインする)こと「暮らし家具デザイン(オーダービルドイン家具)の良さを伝える制作活動」として、暮らしを楽しくする為の家具を、インテリアデザインから捉え、空間に寄り添った家具を、プロダクトデザインとして生み出し、ユーザーの問題解決と、暮らしの楽しさを引き出す家具デザイナーとして活躍。ワークショップセミナー等も継続している。

学歴:

中央工学校大阪校 インテリアコーディネーター科, 1993 - 1995卒業

その他・資格等:

公益社団法人日本インテリアデザイナー協会 関西事業支部 正会員

園芸協会認定 ハーブコーディネーター

ハウスキーピング協会認定 整理収納アドバイザー(*整理収納アドバイザーの仕事はしておりません。)

神戸デザインHUB creator

CREATOR BANK creator

雑誌掲載etc.:

2008年 隔月誌「チルチンびと」51号 連載ページ [住まいと生き方]に全6p連載。

2008年 私のカントリー別冊「come!home!」Vol.14 shop紹介ページにて

2009年 隔月誌「はっぴーママ」Vol.5  連載ページ[からだに優しい暮らしと住まい] 全3p連載。

 同誌、自然派のサラヤページにて 全1p YASHINOMI洗剤 キティーボトル紹介しています。

2014年 季刊誌 「住む 2014 夏号」 NO.50に 心映デザインのビルドインTVボードが掲載されています。

2015年 7月 project DRESS「こばやしあきこ・細見美術館長と巡る京都・細見美術館

「琳派四百年 古今展」参加。 DRESS9月号掲載されます。

etc.


モデル事務所As所属model <収納スペシャリストモデル>

心映個人への収納デザインの講演・ワークショップセミナー、CM出演・雑誌掲載のお仕事ご依頼等、お仕事のご相談は、info1@0556style.jpへよろしくお願いします(こちらはまず本人が確認します)折り返し、マネージメント会社よりご連絡致します

その他の活動・作品:


1985-2002年

現代美術協会 日現展 出展。入賞。「少女たちの囁き」「残照の少女」「道化師の涙」他。

1998年~2007年

泉大津市公民館にて陶芸教室講師として活動。

1995年~

店舗デザイン事務所SAMにて、コムサ・デ・モード他、子供服メーカーshop in shopの空間及び店舗什器デザインアシスタントとして活動。

1997年~2000年

井上工作所工務店にて、アメリカ村「EAST VILLAGE」他、デザイン及び現場管理として活動。1999年インテリアデザイナーとして独立。

2002年~

atelier magocoro工房設立。工房にてオーダー陶器販売、泉大津市公民館陶芸教室講師活動。「あなたが選ぶ 第1回ロハス大賞」モノ部門エントリー作品「土を感じるバターナイフ」出展。他セラミックプロダクトデザイナーとしても活動。

2005年~2007年

 いい家塾・自作堂コラボ企画「女性1人でビル1棟リフォームリノベーション出来るか?」ケーススタディー。山本博工務店㈱監修の下、心映一人でビル1棟をリフォームリノベーション。元祖DIY[女子とも言われ、各フリーペーパー、関西番組etc、隔月誌「チルチンびと」51号連載ページにて掲載されています。

2006年4月

カフェをプロデュース。 体にやさしい親子cafe「honohono食堂」を港区公園前にオープン。

日本の木を使う「木づかい運動」や「間伐材反対運動」の下、吉野杉でcafeの店舗什器テーブル&ベンチを制作。

同時に小川耕太郎∽小百合社の蜜蝋ワックスとコラボし、「無」として販売。

フリーペーパー、WEB版関西ウォーカー、私のカントリー別冊「come!home!」Vol.14 shop紹介ページ他、掲載されています 

2007年~

「自分にとって良質なモノコトを見付けて、自分style(My standerd)を楽しめる女性になろう」

というコンセプトのコミュニティー「丘ジェンヌ☆」管理人として活動。

2008年7月

自作堂ワークショップ「こども用ミニキッチン親子木工教室」ゲスト講師として参加。及びミニキッチンDesign提供。

2009年2月

港区民センター「こどもパラダイス」にゲスト講師参加。心映の「おかしみたいなこども陶芸」ワークショップ。

テーマ:「お菓子は何に入れるの?どこで作るの?」クッキーみたいな箸置き・ままごと用のウツワ作りと、紙で作るこどもミニキッチンのワークショップを開催。第一部 第二部  ワークショップ即日予約完売。

*こどもパラダイス2009は、お菓子をテーマにしたイベント。

(港区民センター港区近隣センターさん、お誘いありがとうございました。)

2011年~2012年

事故により左足損傷、フリーデザイナー活動休業。

2012年~2013年

LIVING&DESIGN 「可動する柔かい壁・バーテーション収納壁」出展。

まちデコール参加。黄色の素材展を大阪市中央区内本町梅本ビル4階フロアにて展示。中央区まちデコ発信基地として、本町Docomoショップフリースペースにて「まちデコの森」を制作。

2014年6月ー11月

KIITOkobe「ちびっこうべ2014」ユメみせをつくるワークショップ、建築チーム1班担当。ユメミセ制作指導に参加。

同時期からフリーデザイナー活動モデル活動再開。

2014年

JID&Living&Design協賛 公募展「ISU-TEN2014」に出展。

2014まちデコールイメージキャラクター「TheCLOSETS」のメンバーとして選ばれ活動。

その年の10月FM851大人の文化村 TheCLOSETS出演。大阪タブロイド紙にて TheCLOSETSで掲載。

2015年

5月 木工家 賀来寿史×ビルドイン家具デザイナー心映による「ツクレルカク部」第1回WS開催。

10月 JID(日本インテリアデザイン協会)主催 100人の「ISUKAGU-TEN」出展 「LivingにJapaniese」6位入賞。

LIVING&DESIGN 「CREATORS block」にて、作品名「MIRAI-WICー自分自身と向き合う場所ー」出展。

2016年

6月~10月 KIITOkobe「ちびっこうべ」ユメミセ制作の建築家チーム講師として活動。

7月 (公社)JID西日本エリア 暮らしデザイン 収納セミナー「大好きなインテリア空間にする為の収納セミナー」に参加、

映画で見る、断捨離から始めない人生を選択する(MY STANDARD、BETTER LIFEを知る)収納術 講演。

10月26日~11月7日 Tokyo Design Week プロ展入選 

「MIRAI-WIC 2ー自分自身と向き合う場所ー」和紙を活用するプロダクトデザインとして出展。

2017年

1~4月 暮らしデザイン一般講座「くらしのちえ」ワークショップ@安田ビル2階セッションスタジオにて講師活動

4月 世界最大国際家具見本市ミラノサローネ2017 ミラノデザインウィークのひとつ、トリエンナーレデザインウィーク、匠展入選出展@トリエンナーレミュージアム(ミラノサローネ発祥の地)

4~6月 暮らしデザイン一般講座「くらしラボ」セミナー@神戸リベルタ学舎にてゲスト講師就任

10月 LIVING&DESIGN2017 出展起業、株式会社伊丹木材様ブーズ空間デザイン・ディレクション

10月 リノベーションexpo2017大阪「暮らしを彩るライフスタイル」展@ATC北棟 Caseofstorage商品賃貸用壁面収納壁「MURO©」(特許申請中)ディレクション

11月~ ファニチャーインテリアサロンMason me’re 0556styleにて、プロ向け「プロも納得!インテリア勉強会」開催 

2018年

4月 ミラノサローネ2018 ミラノデザインウィーク内@スーパーstudio 入選 出展予定

 他etc.










+*+心映OfficialWEB、BLOG、FB内のillustrationは、「ふわふわ。り」さんです+*+